株よりも安全資産とされる債券投資その理由とは?

資金が必要になった会社は「有価証券」を発行して投資家からお金を集めます。

株も有価証券の一つですが、株を買った投資家は会社の所有者になり、利益から配当を受け取る権利を手に入れます。

会社が借金で資金を集める場合は、株ではなく「債券」と呼ばれる有価証券を発行します。

債券を買った人は、会社に対してお金を貸している人になります。

債券は借金なので、会社は投資家に対して定期的に利息を払い、最終的には元本を返済する事になります。
貰える利息が決まっている事から「確定利付証券」と呼ばれることもあります。

債券が株より安全な理由は?

株は配当があれば受け取る事が出来ますが、無ければ受け取る事はできません。また、株は価格の変動が大きい為、元本割れのリスクが付き物です。
これらは景気の変動や会社の業績に大きく左右されます。

これに対して債権は「満期」が決まっていて、満期が来たら全額返済されることになります。そして、万が一会社が倒産した時に、債券を持っている人は株主よりも優先して資金を回収できます。

以上の事から、債券は株式投資よりも安全な投資だと考えられます。

また、債券は国や自治体も発行しています。国が発行した債券を買うのは、個人にとって一番安全な投資だと言われています。

債券は何処で買うのか?

一般的には他の投資と同様に証券会社を通すことで購入できます。
国債は銀行や郵便局でも取り扱いがあります。

さいごに

銀行に預金しても金利が低く、差ほど利息が増えません。預金の代わりに国債や社債を購入しておくのも、資産形成としては悪くないのではないでしょうか。

最新情報をチェックしよう!