運行管理者その役割とは?

運行管理者の役割

運行管理者には、法令に定められた運行の安全確保に関する業務を事業者に代わって行い、交通事故を防止していく使命と責任が課せられています。輸送の安全の責任者である事をしっかりと認識し、誇りと自覚をもって業務を遂行していかなければなりません。

自動車輸送の安全運行の確保と交通事故の防止を図る

経営する事業の規模、企業の管理体制などによっては、事業者自身が運行管理を直接行う事が事実上不可能な事もあります。そのため、道路運送法、貨物自動車運送事業法では、事業者に代って運行管理業務を行う運行管理者の選任を義務付けています。

事業者と運転者のパイプ役

日頃から運転者の声に耳を傾け、積極的にコミュニケーションを図り、必要な場合には事業者にその声を伝え、常に明るい職場環境を築いていく事も運行管理者の重要な役割です。

運行管理業務の改善を図る【PDCA】

“P(プラン)”“D(ドゥ)”“C(チェック)”“A(アクト)”
これは「計画」「実行」「分析・評価」「改善」を繰り返す業務管理の基本です。

運行管理業務においては、事故原因を徹底的に究明して同種の事故の再発を未然に防止していくための業務の改善という事になるでしょう。

運行管理者になるには?

運行管理者の資格要件は運行管理者資格者証の交付を受けている者

運行管理者は事業用自動車の運行の安全確保に関する業務を事業者に代って遂行する極めて重要な任務を担うわけですから、運行管理者には安全の確保に関する業務を遂行するための十分な専門知識、経験が要求されています。
自動車運送事業の運行管理者の資格要件は、法令により運行管理者資格者証の交付を受けている者とされています。

運行管理者資格者証の交付を受けるには?

運行管理者試験(国家資格)に合格する必要があります。

【運行管理者試験の受験資格】
事業用自動車の運行の管理に関し、1年以上の実務経験を有する者

運行管理者の受験対策はこちらをクリック

運行管理者の選任

運行管理者は、安全運行の責任者であり、事業者と運転者のパイプ役になります。事業者は運行管理者の選任にあたっては、資格要件を備えているという事だけでなく、社内の地位と管理能力、責任感などを十分考慮し、適切な人を選任する事が重要になります。
その為には、自社の事業規模、事業内容に対応した運行管理者の選任基準を社内規定などで明確にしておく必要があります。また、選任した運行管理者に責任と職務を自覚させるため、その氏名を営業所の全従業員に周知徹底させるとともに、職務権限を明確にしておくことも大切です。

運行管理者は、安全輸送のためには欠かせない存在なのです!

最新情報をチェックしよう!