ロードバイクのメンテナンス【チェーン洗浄】

雨降りなので作業小屋に引きこもりロードバイクのメンテナンスをしました。

ブラシで洗う

チェーンを洗うための洗浄液は、私は『シンプルグリーン』を使っています。

DSCN1120-1-1024x768.jpg

写真のものは希釈済みのタイプですが、私は原液タイプを購入して自分で希釈して使っています。

この商品のいい所は、水で薄めて使うことができ、尚且つ油分を中和してくれること!液のしみ込んだウェスなどを捨てる時など、揮発性も引火性も無く安全で環境にやさしいです。

これを適当な入れ物に移して希釈し、ブラシに着けてチェーンを洗います。

DSCN1121-1024x768.jpg
DSCN1123-1024x768.jpg

ウエスで抑えながらチェーンをブラシでゴシゴシしていると、古いオイルと汚れが溶かされて黒ずみが出てきます。
これをチェーン一周分やります。

DSCN1125-1024x768.jpg

チェーンが終わったらスプロケットとディレーラーも洗います。

DSCN1128-1024x768.jpg

パーツクリーナーで洗う

その後、今度はパーツクリーナーで洗っていきます。

DSCN1126-1024x768.jpg

パーツクリーナーはホームセンターなどでよく売られていますが、ほとんどのものは『速乾』です。速乾で洗浄すると、チェーン内部にたまった古いオイルが流れ出る前に乾いてしまうので、『遅乾』タイプのパーツクリーナーを使うといいです。

DSCN1127-1024x768.jpg
DSCN1129-1024x768.jpg

終わったら全部乾拭きします。その後に注油していきます。

チェーンに注油する

DSCN1130-1024x768.jpg

私がロードバイクに使用しているのはコチラのチェーンオイル『フィニッシュライン ドライ』です。

これを、ペダルを回しながらチェーンに垂らしていきます。

DSCN1131-1024x768.jpg

チェーン一周分なじませたら、変速してリアのすべてのスプロケットにもなじませます。

この時ディレーラーの歯車にも注油します。材料は市販のスプレーグリスを使用しています。

DSCN1133-1024x768.jpg

MTBも同じ手順でチェーンクリーニングしているのですが、チェーンオイルは違うモノを使用しています。

DSCN1135-1024x768.jpg

同じフィニッシュラインですが、こちらは『ウェット』です。
MTBの使用特性上、ほこりや泥の付きやすい場所を走行します。そんな中でも油切れを起こさずに潤滑を保ってほしいので『ウェット』を使っています。

私のやり方は自己流ですが、簡単なのでこまめに出来る事です。
やっただけの効果は得られるので是非試してほしいと思います。