就職活動につきものなのが面接。
面接なくして転職はあり得ないものですが、実際に面接に向かう前にある程度の対策をして行けば、そんなに難しいものではありません。
ここでは、面接に向かう時の対策を少しだけ紹介します。

1.面接にふさわしい服装と髪型に

服装や髪型で面接官にマイナス印象を与えないためのポイントを押さえましょう。
第一印象を良くするためのセルフプロデュースと割り切って、面接官がどんな世代の人であっても受け入れられやすい服装を選ぶことが、自信を持って選考に臨むためにも良さそうです。
通常はスーツで挑むものですが、リクルートスーツでは頼りない印象を与えてしまうともいわれています。
しかし、普段からスーツを着ている人でなければそれ1着しか無いという方もいるでしょう。
そんな時はあまり悩まずに、着慣れたスーツできちんと着こなしていけば大丈夫です。
だらしない格好にはならないように気を付けましょう。

2.質疑応答の答えを前もって準備していく

これも定番ですね。転職面接でよく聞かれる質問というのは色んな転職サイトで紹介されています。
おおむね同じ質問が多いので、これに沿った答えを自分に当てはめて考えておきましょう。

面接での大まかな流れは次の通りです。

自己紹介・自己PR
 ⇓ 
転職理由 についての質問
 ⇓
志望動機 についての質問
 ⇓
活かせる経験・ 実績・スキル についての質問
 ⇓
逆質問 (面接官への質問)

自己紹介は履歴書に相違なければ問題ないでしょう。

転職理由は、何故前職を辞めたのか?、もしくは何故現職を辞めようと思っているのか?っという事は必ず聞かれます。
噓偽りなく答えるのが良いでしょうが、なるべくならネガティブな答えよりポジティブな答えの方が好印象です。

志望動機についての質問は、何故この会社を選んだのか?という所は必ず聞かれます。
同業他社も募集している中で何故選んだのか、正直に答えましょう。
イメージ優先で綺麗ごとを言っても見抜かれます。
新卒採用と転職者の中途採用は少し異なるので、ここは社会人としての正直な意見を述べましょう。

活かせる経験,実績,スキルに関しては、同業他社への転職の場合、大きなアピールポイントになります。
今までの経験も,スキルや資格もすべてが役に立つ事でしょう。
逆に異業種の場合、自分の持っている技術やスキルが活かせる場所と活かせない場所を明確に分けて、活かせるところをアピールしましょう。

最後に逆質問。聞かれるのが「何か質問はありますか?」という事。
求人票を見ての不明な点や、何故求人を募集したのか等、あらかじめまとめておきましょう。
加えて、面接の中で疑問に思った事などを思い切って聞いてみましょう。

さいごに

私個人の意見ですが、色々な所で面接に対する対策が紹介されていますが、全部きちんと網羅する必要はないと思います。
社会人としての最低限の礼節だけ持って挑めば問題ないものだと。
逆に面接の短い時間で、応募した会社がどのような企業理念を持ち、どのような社風なのかを探ってみて下さい。
自分はこの会社で働いて楽しいのか?活躍できるのかをイメージしてみて下さい。
勿論、ブラック企業ではないのかを見抜くのも忘れずに。

雇用は契約。面接は『採用してくださいとお願いに行くものではありません。』
自分の時間という貴重な命を対価にするのです。自分に自信をもって就職活動に励んでください。